【FX突撃取材!】11月29日(火曜日)■小林芳彦氏の現在の相場観とFXトレード戦略

カテゴリ:FX突撃取材!あの人の相場観と戦略[有名なあの人の現在の相場観と戦略を取材]
小林芳彦 FX戦略

FXをしている人ならみんな知っている小林芳彦さん。小林さんはJFXというヒロセ通商の子会社の社長でもあるのですが、毎日リアルタイムにTwitterで公開しているスキャルトレードがスゴイ!!
羊飼いが一番見ているTwitterアカウントかも(Twitterはこちら)!?
その小林芳彦さんから、毎週火曜日に最新の相場観と戦略を聞ける事になりました!!(※取材は電話にて実施)
毎週・火曜日の午後から夕方までの間に羊飼いのFXブログでアップしますので、お楽しみに♪



それでは、 2022年11月29日11時すぎに小林芳彦さんに直接聞いた最新の相場観と戦略をご覧下さい。

■□■11月29日(火)小林芳彦氏の現在の相場観とFXトレード戦略


現在の為替相場の傾向や相場観

今週は「思惑で揺れ動く週」というイメージ。これは12月のFOMCを指している。米国の利上げ幅が50bpなのか75bpかによって要人発言が相場を振らせてる。思惑からいくとドル買いをしたい人と75bpはないと思っている人の売りでがっぷり四つになっている感じがする。買われているのもブラード・セントルイス連銀総裁が、FOMCがより積極的になる可能性があるリスクをマーケットは過小評価しているといった発言をしたことへの反応かと思う。本日29日(火)も午前10時頃に80pipsほど上昇してすぐにまた値を戻したという謎の動きがあったが、この理由は不明だがおそらくこれは、 クリスマス前にクビになりそうな外資系のディーラーなどが大玉を振り回しているのではないかと思っている。12月上旬辺りまで、アジア時間にこうした動きが入ってきそうだ。

現在の為替相場の戦略やスタンス

今週の米ドル/円予想レンジは137.50~142.25円。基本はレンジ相場だとは思うが、方向としては戻り売り。戦略としては142円方向に向けて売り場探しをしたい。ここから12月のFOMCまでに、雇用統計やCPIがあるため、インフレが沈静化するのかどうかを見極める週となりそうだ。かつ12月に向けてマーケット参加者が減ってきていることから相場が振れやすいので、流れ弾には注意が必要だろう。

<米ドル/円 日足チャート>
米ドル/円日足
※クリックで拡大します

>>>>>ヒロセ通商はスワップポイントが業界最高水準!<<<<<
NZドル円90円 豪ドル円68円 トルコリラ円15円のスワップポイントを提供!
業界でも高水準のスワップポイントで大好評♪
ヒロセ通商のスペックや口座開設キャンペーンの詳細はこちら

の記事
トップページへ ページの先頭へ
の記事
FXキャッシュバック全一覧【随時更新】
今月のFXキャンペーンお得度ランク

特選!期間限定スプレッド縮小キャンペーン

※スプレッド原則固定は例外あり

※ドル円は米ドル円の略

Site Map

カテゴリ別・羊飼いおすすめFX取引会社
マークはキャッシュバックあり
マークは羊飼い限定特典あり

ネット証券でFX専業並み