【FX突撃取材!】4月26日(火曜日)■小林芳彦氏の現在の相場観とFXトレード戦略

カテゴリ:FX突撃取材!あの人の相場観と戦略[有名なあの人の現在の相場観と戦略を取材]
小林芳彦 FX戦略

FXをしている人ならみんな知っている小林芳彦さん。小林さんはJFXというヒロセ通商の子会社の社長でもあるのですが、毎日リアルタイムにTwitterで公開しているスキャルトレードがスゴイ!!
羊飼いが一番見ているTwitterアカウントかも(Twitterはこちら)!?
その小林芳彦さんから、毎週火曜日に最新の相場観と戦略を聞ける事になりました!!(※取材は電話にて実施)
毎週・火曜日の午後から夕方までの間に羊飼いのFXブログでアップしますので、お楽しみに♪



それでは、 2022年4月26日11時すぎに小林芳彦さんに直接聞いた最新の相場観と戦略をご覧下さい。

■□■4月26日(火)小林芳彦氏の現在の相場観とFXトレード戦略


現在の為替相場の傾向や相場観

先週22日(金)に協調介入の話などが出て、米ドル/円は一瞬売られる場面もあった。だが、協調介入というのは基本、あり得るはずがないため、基本的には円売りの方向でいいと考えている。ただし、昨日25日(月)の海外時間辺りからクロス円の調整がきつく、米ドル/円が連動して下落している。かといって円売りの流れが終わったかといえば、そうではないだろう。米金利が上昇し続けることは誰もがわかっているにもかかわらず、昨日25日(月)には金利上昇を嫌気して売られたという情報が出たりしたが、そういうわけではないと考えている。しかし米債の利回りが下がったことだけは事実で、米ドル/円は129円台まで急激に買い上げた調整が入っていると想定。よってこここからは落ち着きどころを探す展開になりそうだ。

現在の為替相場の戦略やスタンス

今週の米ドル/円予想レンジは127.00~130.00円。戦略的には引き付けて買い場探しをしたい。127円はもしかしたら瞬間的に割り込むかもしれないが、それでも126円台は買っていきたい。注意しなければならないのは、対ドルでの他通貨の下落だ。これが現在のクロス円の売りに結びついているため、注視しつつ米ドル/円の押し目を買ってみたい。また、ロシアによるウクライナへの軍事侵攻に関しては、停戦合意は到底望めない状況で、侵攻開始から2カ月余りとなったため、マーケットではユーロ売りの材料にならなくなってきた。ウクライナの方には気の毒だが、よほど衝撃的な事象が出てこない限り、材料視されなくなっているのが現状。また、ユーロに関しては、ラガルドECB総裁が年内の利上げを示唆したことで底堅くなりそうだ。いまのところ、急激に上がり過ぎたユーロ/円の反動などもあり、下がってきているものの、流れからするとクロス円も含めて下がったところは買いたい。現在はポジション調整による下落の流れだが、大きくみれば円売りの方向性は変わらないだろう。よってクロス円も含め、下がったところは買っていきたい。

<米ドル/円 日足チャート>
米ドル/円日足
※クリックで拡大します

>>>>>ヒロセ通商は注文方法が豊富!<<<<<
・成行注文 ・指値注文 ・ストリーミング注文 ・逆指値注文
基本的な4つの注文に加えて、多種多様な種類の注文組み合わせが可能♪
トレール注文、時間指定成行注文、クイック注文、決済pip差注文など。
ヒロセ通商のスペックや口座開設キャンペーンの詳細はこちら

の記事
トップページへ ページの先頭へ
の記事
FXキャッシュバック全一覧【随時更新】
今月のFXキャンペーンお得度ランク

特選!期間限定スプレッド縮小キャンペーン

※スプレッド原則固定は例外あり

※ドル円は米ドル円の略

Site Map

カテゴリ別・羊飼いおすすめFX取引会社
マークはキャッシュバックあり
マークは羊飼い限定特典あり

ネット証券でFX専業並み