【FX突撃取材!】12月10日(火曜日)■小林芳彦氏の現在の相場観とFXトレード戦略

カテゴリ:FX突撃取材!あの人の相場観と戦略[有名なあの人の現在の相場観と戦略を取材]

小林芳彦 FX戦略
FXをしている人ならみんな知っている小林芳彦さん。小林さんはJFXというヒロセ通商の子会社の社長でもあるのですが、毎日リアルタイムにTwitterで公開しているスキャルトレードがスゴイ!!
羊飼いが一番見ているTwitterアカウントかも(Twitterはこちら)!?
その小林芳彦さんから、毎週火曜日に最新の相場観と戦略を聞ける事になりました!!(※取材は電話にて実施)
毎週・火曜日の午後から夕方までの間に羊飼いのFXブログでアップしますので、お楽しみに♪



それでは、 2019年12月10日11時すぎに小林芳彦さんに直接聞いた最新の相場観と戦略をご覧下さい。

■□■12月10日(火)小林芳彦氏の現在の相場観とFXトレード戦略


現在の為替相場の傾向や相場観

先週の米ドル/円は、109.73円付近まで買われ高値を付けた。しかし、109.50円より上には本邦輸出企業の売りが相当並んでいたこと、そして110円ちょうどには今週末が期限の、かなり大きなノックアウトオプションがあったことで相当厚かった。109円ミドルを超えると、上をつけさせないためにオプション絡みの防戦売りが入ったが、先週2日(月)、これまで抜けられなかった109.50円を上抜けした際、短期勢が買いで参戦し、結果的に輸出の売りとオプションの防戦売りに潰されてしまい、「にわかロング」がつかまってしまって108.43円まで落ちたという流れだった。しかし、売りの勢いもそれほどではなく戻ってきて、上値が重くなっているというのが現状だ。昨日9日(月)も下値が108.43円と前回安値と完全に面合わせしている。ただ戻りが非常に重く、109円ミドルにかけては、本邦輸出企業は再度売ってくるとみている。

現在の為替相場の戦略やスタンス

今週の米ドル/円予想レンジは、107.80~109.50円。方向的には109円台でひきつけて売りから入り、108.20円付近にサポートがあるため、108円台前半は買戻しスタンス。107.80円にかけて90日移動平均線が上がってきているため、107円台後半はロングを取ってみたい。また現在、21日移動平均線と200日移動平均線が上値を抑えている形となっており、109円前半や109円手前辺りは戻り売り。107円台後半には日本の機関投資家のオープン外債の買い玉があるようで、107円台はあまり売っていく感じはしない。また上下をオプションに止められていること以外に、クリスマス前で海外ファンドのAIが逆張りをやっているようだ。そのため、どうしても狭いレンジになりやすくなっている。予想レンジ内で跳ねたら売り方向から入るが、107円台では買い場探しをしたい。

<米ドル/円 日足チャート>
米ドル/円日足
※クリックで拡大します

>>>>>ヒロセ通商は業界最狭水準の低スプレッドを提供中<<<<<
定番のドル円スプレッドは0.2銭!!
さらに、ユーロ円は0.5銭、ユーロドルは0.4pips!
特定の通貨ペアの取引量に応じて貰えるキャッシュバックキャンペーンあり♪
ヒロセ通商のスペックや口座開設キャンペーンの詳細はこちら

の記事
トップページへ ページの先頭へ
の記事
FXキャッシュバック全一覧【随時更新】
今月のFXキャンペーンお得度ランク

特選!期間限定スプレッド縮小キャンペーン

※スプレッド原則固定は例外あり

※ドル円は米ドル円の略

Site Map

カテゴリ別・羊飼いおすすめFX取引会社
マークはキャッシュバックあり
マークは羊飼い限定特典あり

ネット証券でFX専業並み