【FX突撃取材!】11月27日(水曜日)■井口喜雄氏の現在の相場観とFXトレード戦略

カテゴリ:FX突撃取材!あの人の相場観と戦略[有名なあの人の現在の相場観と戦略を取材]

井口喜雄 FX戦略
【FX突撃取材!企画】にトレイダーズ証券の為替ディーラー井口喜雄さんが参加!
井口喜雄さんは認定テクニカルアナリストで、1998年から金融機関でディーリング業務を行い、2009年からはトレイダーズ証券で同業務に従事。ファンダメンタルズとテクニカルの両方面での為替分析に精通しており、セミナーやマネー誌にも多数登場されています。
井口喜雄さんへの取材は、毎週・水曜日の昼過ぎに行い、当ブログでアップします。
お楽しみに♪
>>>トレイダーズ証券の『みんなのFX』のスペック詳細はこちら



それでは、2019年11月27日13時過ぎに井口喜雄さんに直接聞いた現在の相場観とFXトレード戦略をご覧下さい。

■□■11月27日(水)井口喜雄氏の現在の相場観とFXトレード戦略

現在の為替相場の傾向や相場観

米ドル/円はじりじりと上値を切り上げている。背景には米中貿易交渉への楽観論があり、昨日26日(火)夜もトランプ米大統領が「米中は第一段階の合意に近づいている」と表明したことで追い風となっている。本日27日(水)も米中協議に新しいヘッドラインが出るまではトランプ米大統領のこの発言内容を追いかける形で大丈夫だろう。米中協議については、あしもとの米中高官発言を聞く限り、合意に向けて最終段階に入っているものと推測している。

現在の為替相場の戦略やスタンス

米ドル/円は底堅い値動きを予想している。日足チャートを見ても108円ミドルを中心とした狭いレンジを上抜け、200日移動平均線も再度突破しており、テクニカル面での改善も確認できる。スイングであれば買いホールド、短期でも昨日26日(火)の高値ブレイクする局面や、押し目を拾えるなら状況があれば積極的に買っていく戦略だ。ただ、マーケットが米中合意をかなり織り込みつつあるため、米ドル/円が110円を上抜けてくるような展開は想像しにくい。一方で、米中貿易協議が中止や合意に至らなかった時のダウンサイドはかなり深くなるので、ポジションが捕まらないようストップは必須となる。また、明日28日(木)から米国市場が感謝祭休暇に入るため、流動性低下による不規則な値動きにポジションをさらされたくない場合は、ポジションをスクエアにして週末を迎えるのも悪くはないだろう。

直近の為替相場の注目点や分析はみんなのFXなどでも配信中

<米ドル/円 日足チャート>
米ドル/円日足
※クリックで拡大します

>>>>> スプレッド大幅縮小キャンペーン実施中 <<<<<
米ドル/円【0.1銭】、ポンド/円【0.8銭】
他主要通貨ペアもスプレッドが業界最狭水準!約定率も99.9%!
今なら、羊飼い限定タイアップで、通常キャンペーン+3千円GET可。
新規口座開設で最大5万3千円キャッシュバック 詳細はこちら

の記事
トップページへ ページの先頭へ
の記事
FXキャッシュバック全一覧【随時更新】
今月のFXキャンペーンお得度ランク

特選!期間限定スプレッド縮小キャンペーン

※スプレッド原則固定は例外あり

※ドル円は米ドル円の略

Site Map

カテゴリ別・羊飼いおすすめFX取引会社
マークはキャッシュバックあり
マークは羊飼い限定特典あり

ネット証券でFX専業並み