【FX突撃取材!】9月20日(火曜日)■小林芳彦氏の現在の相場観とFXトレード戦略

カテゴリ:FX突撃取材!あの人の相場観と戦略[有名なあの人の現在の相場観と戦略を取材]
小林芳彦 FX戦略

FXをしている人ならみんな知っている小林芳彦さん。小林さんはJFXというヒロセ通商の子会社の社長でもあるのですが、毎日リアルタイムにTwitterで公開しているスキャルトレードがスゴイ!!
羊飼いが一番見ているTwitterアカウントかも(Twitterはこちら)!?
その小林芳彦さんから、毎週火曜日に最新の相場観と戦略を聞ける事になりました!!(※取材は電話にて実施)
毎週・火曜日の午後から夕方までの間に羊飼いのFXブログでアップしますので、お楽しみに♪



それでは、 2022年9月20日11時すぎに小林芳彦さんに直接聞いた最新の相場観と戦略をご覧下さい。

■□■9月20日(火)小林芳彦氏の現在の相場観とFXトレード戦略


現在の為替相場の傾向や相場観

今週は、各国の政策金利の発表が立て続けにある。日米で考えると、日銀サイドは当然これといった変化はないと思うが、FOMCでは0.75%の利上げが織り込まれている。また、「インフレがまだ沈静化されていない」といった発言があったりすると、もう一度、11月、12月の利上げ幅がさらに拡大する可能性がある。米国債の利回りもじりじりと上がってきており、3.5%台まで来ているため、ドルは堅調地合いになりやすいだろう。また、もしこれが3.6%、3.7%と上がってくればやはりドル円が145円を抜けると考えている。その場合、前回高値が1998年8月11日の147.63円だが、マーケットは当然このレベルを意識する。さらに150円を目指す展開になると、介入の可能性がかなり高まり、「断固として許せない」といった「断固フレーズ」が出てきて、150円に近付くに連れて介入アラートが鳴るだろう。米国は本来は輸入物価を下げたいのでドル高容認スタンスだ。そのため、ドル売り介入に対して否定的な訳だが、そもそも各国の中央銀行というのは「為替の安定」という職務がある。そのため、急激な通貨安などに対してはスムージング(相場急変の緩和)は最低限しなければならない。そうすると米国は内心では「日本は金利を上げないから円が売られて当然だ」と思いつつも、渋々認めざるを得ないだろう。

現在の為替相場の戦略やスタンス

今週の米ドル/円予想レンジは141.80~145.00円。今週は、前述の通り各国の政策金利の発表が立て続けにあるため、ポジション調整色が強まると考えている。政策金利発表前はポジション調整で上値が重くなるだろう。その中で充分にひきつけて買い場探しをしたいと考えている。上値が重いからといってショートを振ったとしても大きくとれる気はしない。ここは慎重に買い場探しスタンスで臨みたい。

<米ドル/円 日足チャート>
米ドル/円日足
※クリックで拡大します

>>>>>ヒロセ通商は業界最狭水準の低スプレッドを提供中<<<<<
定番のドル円スプレッドは0.2銭(10-28時)!!
さらに、豪ドル円は0.6銭、ユーロドルは0.3pips!
特定の通貨ペアの取引量に応じて貰えるキャッシュバックキャンペーンあり♪
ヒロセ通商のスペックや口座開設キャンペーンの詳細はこちら

の記事
トップページへ ページの先頭へ
の記事
FXキャッシュバック全一覧【随時更新】
今月のFXキャンペーンお得度ランク

特選!期間限定スプレッド縮小キャンペーン

※スプレッド原則固定は例外あり

※ドル円は米ドル円の略

Site Map

カテゴリ別・羊飼いおすすめFX取引会社
マークはキャッシュバックあり
マークは羊飼い限定特典あり

ネット証券でFX専業並み