【FX突撃取材!】5月19日(火曜日)■小林芳彦氏の現在の相場観とFXトレード戦略

カテゴリ:FX突撃取材!あの人の相場観と戦略[有名なあの人の現在の相場観と戦略を取材]

小林芳彦 FX戦略

FXをしている人ならみんな知っている小林芳彦さん。小林さんはJFXというヒロセ通商の子会社の社長でもあるのですが、毎日リアルタイムにTwitterで公開しているスキャルトレードがスゴイ!!
羊飼いが一番見ているTwitterアカウントかも(Twitterはこちら)!?
その小林芳彦さんから、毎週火曜日に最新の相場観と戦略を聞ける事になりました!!(※取材は電話にて実施)
毎週・火曜日の午後から夕方までの間に羊飼いのFXブログでアップしますので、お楽しみに♪



それでは、 2020年5月19日11時すぎに小林芳彦さんに直接聞いた最新の相場観と戦略をご覧下さい。

■□■5月19日(火)小林芳彦氏の現在の相場観とFXトレード戦略


現在の為替相場の傾向や相場観

ドル下落の材料は色々あるものの、米ドル/円が下がり切れないというのが現状。イメージとしては奇妙な安定といった感じだ。米中は、貿易摩擦に加え、ウイグル人権問題、ファーウェイ、コロナなど、さまざまな衝突が依然継続中。米国の経済が、ここからさらにスローダウンしていくのは明らかだ。失業率なども更に悪化していくだろう。

現在の為替相場の戦略やスタンス

今週の米ドル/円予想レンジは106.00~108.00円。このゾーンで揉み合いを続けるとみている。108.00円に近いところは売ってもいいと思っているが、本日19日(火)に限っていえば、107.00円に近いところは買っていった方が良さそうだ。特に107.20円以下は買いで、それを107円台後半で利食い。前述したとおり、現在はドルを積極的に買っていく局面でもないため、流れから言えば引き付けて売りたいが、目先はショートになっているので本日19日(火)は簡単には下がらないという気がしている。ここからの流れは、上記レンジで揉み合いを続けた後、押し目がなくて買えずに待っている本邦機関投資家やGPIFがしびれを切らして買い始め、それによる上昇がみられるかどうかだ。基本レンジ相場なので、戦略としては、欲張らず、こまめにしっかり益出しをしていくのが良さそうだ。

<米ドル/円 日足チャート>
米ドル/円日足
※クリックで拡大します

>>>>>ヒロセ通商は注文方法が豊富!<<<<<
・成行注文 ・指値注文 ・ストリーミング注文 ・逆指値注文
基本的な4つの注文に加えて、多種多様な種類の注文組み合わせが可能♪
トレール注文、時間指定成行注文、クイック注文、決済pip差注文など。
ヒロセ通商のスペックや口座開設キャンペーンの詳細はこちら

の記事
トップページへ ページの先頭へ
の記事
FXキャッシュバック全一覧【随時更新】
今月のFXキャンペーンお得度ランク

特選!期間限定スプレッド縮小キャンペーン

※スプレッド原則固定は例外あり

※ドル円は米ドル円の略

Site Map

カテゴリ別・羊飼いおすすめFX取引会社
マークはキャッシュバックあり
マークは羊飼い限定特典あり

ネット証券でFX専業並み