8月2日(火曜日)の為替相場の注目材料と指標ランク

カテゴリ:今日の為替相場2022年08月

火曜日FX ■□■今日の為替相場の注目材料と指標ランク■□■
更新履歴
★「スケジュール表と指標ランク」→【7月31日10時00分にアップ→【8月2日15時07分に最終更新
★「詳細情報や羊飼いの相場観」→【8月2日6時15分にアップ→【8月2日6時15分に最終更新


[羊飼い限定・口座開設特典]米ドル/円スプレッド最狭水準のGMOクリック証券→取引開始で4000円


【為替相場】本日の必見イベント&経済指標はコレだ!! >>FX経済指標通知システム
・10時30分:豪)住宅建設許可件数
・13時30分:豪)RBA政策金利声明発表
・23時00分:米)エバンス:シカゴ連銀総裁の発言(投票権なし)
・26時00分:米)メスター:クリーブランド連銀総裁の発言(投票権あり)
本日→注目度の高い米国の経済指標の発表はない
羊飼いのTwitterアカウント
その他、注目点及び懸念点など
ペロシ米下院議長が台湾を訪問予定
オーストラリアの金融政策の発表日
米国の主要企業の決算発表が相次ぐ(先週からピーク)→キャタピラー、ウーバー・テクノロジーズ、エアビーアンドビー、AMD、コカコーラ、エレクトロニック・アーツ、ギリアド・サイエンシズ、マリオット・インターナショナル、マイクロチップ・テクノロジー、マイクロストラテジー、マッチ・グループ、プルデンシャル・フィナンシャル、ペイパル・ホールディングス、スターバックス、その他
・3日(水)→OPECプラス閣僚級会合、ISM非製造業指数の発表
・4日(木)→英国の金融政策の発表
・週末・5日(金)→米国の雇用統計の発表
・今週→オーストラリア(2日)、英国(4日)の金融政策の発表を予定(議事録の公表はない)
・8月の月初め要因(8月1日が8月月初めでの最初の営業日)
・米中関係(ペロシ米下院議長の台湾訪問を控えて緊張高まる)
・主要な株式市場(米国中心)の動向
・米国の国債利回りの動向
・米国の金融政策への思惑(先週7月27日に金融政策の発表を消化済み、引き続きインフレ動向や今後の金融政策への思惑がキモ)
・米国のインフレの行方
・金融当局者や要人による発言(FRB関係者はFOMC消化でブラックアウト期間明け→その発言に大きな注目が集まる)
・米ドルと日本円、ユーロの方向性
・注目度の高い米国の経済指標の発表(今週は1日のISM製造業指数と週末の雇用統計がメイン)
・欧米勢が本格的に夏休み入りして市場参加者が少なくなっていく時期
・金融市場のリスク許容度
・原油と金を中心とした商品市場の動向
・欧州の金融政策への思惑(7月21日に金融政策の発表を消化済み)
・日本の金融政策への思惑(7月21日に金融政策の発表を消化済み、毎営業日指値オペを実施中)
・バイデン米大統領の発言
・ウクライナ情勢(地政学リスク)

8月2日(火)の為替相場の注目材料 指標ランク
(注目度&影響度)
市場
予想値
前回
発表値
ペロシ米下院議長が台湾を訪問予定
オーストラリアの金融政策の発表日
米国の主要企業の決算発表が相次ぐ(先週からピーク)→キャタピラー、ウーバー・テクノロジーズ、エアビーアンドビー、AMD、コカコーラ、エレクトロニック・アーツ、ギリアド・サイエンシズ、マリオット・インターナショナル、マイクロチップ・テクノロジー、マイクロストラテジー、マッチ・グループ、プルデンシャル・フィナンシャル、ペイパル・ホールディングス、スターバックス、その他
・3日(水)→OPECプラス閣僚級会合、ISM非製造業指数の発表
・4日(木)→英国の金融政策の発表
・週末・5日(金)→米国の雇用統計の発表
10:30 オーストラリア 豪)住宅建設許可件数
→過去発表時[豪ドル円]
-5.0% +9.9%
13:30 オーストラリア 豪)RBA政策金利声明発表
→過去発表時[豪ドル円]
50bp
利上げ
1.85%
50bp
利上げ
1.35%
15:00 英国 英)ネーションワイド住宅価格
[前月比/前年比]
+0.3% +0.3%
+11.4% +10.7%
16:30 スイス ス)製造業PMI
56.2 59.1
23:00 米国 米)JOLT労働調査
11000
千件
11254
千件
米国 米)エバンス:シカゴ連銀総裁の発言(投票権なし)
要人発言
26:00 米国 米)メスター:クリーブランド連銀総裁の発言(投票権あり)
要人発言
- 米国 米)注目度の高い経済指標の発表はない
- -

07:45
ニュージーランド NZ)第2四半期失業率
3.1% 3.2%
ニュージーランド ↑・就業者数
[前期比/前年比]
+0.4% +0.1%
+2.3% +2.9%
米国 米)ブラード:セントルイス連銀総裁の発言(投票権あり)
要人発言
文字が、普通→太字赤色太字の順番で重要なものになる。
ピンク太字→金融政策関連のもの
オレンジのバックは金融政策関連
ピンクのバックは米国の材料
緑のバックは企業の決算
黄のバックは要人発言
重要ランクについて

米国の経済指標はの7段階で表記

その他の経済指標はの4段階で表記

※15時~20時に市場予想値(コンセンサス)の最新の数値をチェックし、更新した数値は赤字で表記



1000通貨単位で取引出来るFX!LINE証券[LINEFX]/LIGHT FX/みんなのFX/外為どっとコム/ヒロセ通商/JFX/FXブロードネット/外貨ex byGMO/外為ファイネスト[MT4ZERO]/サクソバンク証券/1通貨単位で取引出来るFX!SBIFXトレード/松井証券[MATSUI FX]/OANDA証券/


詳細情報は↓↓↓続きをどうぞ!(※「続き」以降の部分と2段階に分けて更新)
→【詳細部分は、8月2日6時15分に追記済み




■□■本日の為替相場の注目点とその見通し(客観的な視点)■□■(※毎日更新)

本日の為替相場の焦点は、『ペロシ米下院議長の台湾訪問』と『主要な株式市場及び米国債利回りの動向』、そして『直近で強まっている米ドル売り・日本円買いの流れの行方』にあり。

米国の経済指標及びイベントは、
・23時00分:米)エバンス:シカゴ連銀総裁の発言(投票権なし)
・26時00分:米)メスター:クリーブランド連銀総裁の発言(投票権あり)
に注目が集まる。
本日→注目度の高い米国の経済指標の発表はない

米国以外では、
・10時30分:豪)住宅建設許可件数
・13時30分:豪)RBA政策金利声明発表
に注目が集まる。

経済指標及び要人発言以外では、
ペロシ米下院議長が台湾を訪問予定
オーストラリアの金融政策の発表日
米国の主要企業の決算発表が相次ぐ(先週からピーク)→キャタピラー、ウーバー・テクノロジーズ、エアビーアンドビー、AMD、コカコーラ、エレクトロニック・アーツ、ギリアド・サイエンシズ、マリオット・インターナショナル、マイクロチップ・テクノロジー、マイクロストラテジー、マッチ・グループ、プルデンシャル・フィナンシャル、ペイパル・ホールディングス、スターバックス、その他
・3日(水)→OPECプラス閣僚級会合、ISM非製造業指数の発表
・4日(木)→英国の金融政策の発表
・週末・5日(金)→米国の雇用統計の発表
・今週→オーストラリア(2日)、英国(4日)の金融政策の発表を予定(議事録の公表はない)
・8月の月初め要因(8月1日が8月月初めでの最初の営業日)
・米中関係(ペロシ米下院議長の台湾訪問を控えて緊張高まる)
・主要な株式市場(米国中心)の動向
・米国の国債利回りの動向
・米国の金融政策への思惑(先週7月27日に金融政策の発表を消化済み、引き続きインフレ動向や今後の金融政策への思惑がキモ)
・米国のインフレの行方
・金融当局者や要人による発言(FRB関係者はFOMC消化でブラックアウト期間明け→その発言に大きな注目が集まる)
・米ドルと日本円、ユーロの方向性
・注目度の高い米国の経済指標の発表(今週は1日のISM製造業指数と週末の雇用統計がメイン)
・欧米勢が本格的に夏休み入りして市場参加者が少なくなっていく時期
・金融市場のリスク許容度
・原油と金を中心とした商品市場の動向
・欧州の金融政策への思惑(7月21日に金融政策の発表を消化済み)
・日本の金融政策への思惑(7月21日に金融政策の発表を消化済み、毎営業日指値オペを実施中)
・バイデン米大統領の発言
・ウクライナ情勢(地政学リスク)
などが重要となる。

★★★

本日は、ペロシ米下院議長の台湾訪問を控えて緊張が高まっている他、RBA金融政策の発表が行われる。

本日の米国の経済指標は、注目度の高いものの発表はない。
一方、経済指標以外のイベントでは、複数のFRB高官の発言(FOMCによるブラックアウト期間明け)が予定されている。

また、明日・3日(水)にOPECプラス閣僚級会合や米ISM非製造業指数の発表、4日(木)には英国の金融政策の発表、週末・5日(金)には米国の雇用統計の発表を控える。

週明けの為替相場は、先週末の終値と同レベルでスタートした後は、日本円買いと米ドル売りの流れが優勢となって、ドル円は131円半ばまで下落し、ユーロドルは1.02後半まで上昇している。

本日は、主要な株式市場及び米国債利回りの動向米ドル・日本円・ユーロの方向性米国の金融政策への思惑8月の月初め要因が重要となる。
その他、ペロシ米下院議長の台湾訪問米国のインフレの行方金融当局者や要人による発言(FRB高官はブラックアウト期間明け)金融市場のリスク許容度米国の主要企業の決算発表(先週からピーク)原油と金を中心とした商品市場(明日にOPECプラス)欧米勢が本格的に夏休み入りして市場参加者が少なくなっていく時期である点などにも注意したい。

本日発表の注目材料の詳細
本日はなし
今週前半の注目材料の詳細は月曜日・夕方の記事を参照




■□■本日のトレード用のエサ(羊飼いの見解)■□■(※毎日更新)

・10時30分:豪)住宅建設許可件数
・13時30分:豪)RBA政策金利声明発表
→内容次第も、今後の金融政策への思惑で結局は豪ドルが大きく動くキッカケに

・23時00分:米)エバンス:シカゴ連銀総裁の発言(投票権なし)
・26時00分:米)メスター:クリーブランド連銀総裁の発言(投票権あり)
本日→注目度の高い米国の経済指標の発表はない
→先週にFOMCを消化して結局は米ドル売りになりやすい傾向が継続している感じ
後は、8月に入って米国の株価指数がどうなるか
また、週末には米国の雇用統計の発表を控える

今週の為替相場の焦点など
[先週の金融市場の終値]+[主要国・政策金利]7月29日クローズ】(※毎週土曜)
[8月1日~の週]為替相場の注目材料スケジュールと焦点】(※毎週日曜)
[8月1日~の週]為替相場の『先週の復習』と『今週の予習』】(※毎週月曜)
【[今週後半]発表の注目イベントを厳選して「羊飼い秘蔵データ」】(※毎週水曜)



主要国の金融政策発表(2022年対応版)
6月1日★カナダ
6月7日★オーストラリア
6月9日★欧州
6月15日★米国
6月16日★英国、スイス
6月17日★日本
6月23日★トルコ
7月5日●オーストラリア
7月13日●ニュージーランド、カナダ
7月21日●日本、欧州、トルコ、南アフリカ
7月27日●米国
8月2日▼オーストラリア
8月4日▼英国

8月17日▼ニュージーランド
8月18日▼トルコ
9月6日■オーストラリア
9月7日■カナダ
9月8日■欧州
9月15日■英国
9月21日■米国
9月22日■日本、スイス、トルコ、南アフリカ
■主要国の休場日■
6月2日★英国
6月3日★香港、中国、英国
6月6日★ニュージーランド、スイス
6月13日★オーストラリア
6月16日★南アフリカ
6月20日★米国
6月24日★ニュージーランド
7月1日●香港、カナダ
7月4日●米国
7月11日●トルコ
7月12日●トルコ
7月15日●トルコ
7月18日●日本
8月1日▼スイス、カナダ
8月9日▼南アフリカ
8月11日▼日本

8月29日▼英国
8月30日▼トルコ
便利ツール
重要指標の過去発表時のチャート早見表
羊飼い特製『為替相場ノート』PDF版
FX(外国為替)重要指標直前通知システム
FX口座開設キャンペーン一覧
今月のFXキャンペーン凄い順
FX比較ロボ
FX会社の評判&クチコミ
・LINE@ID:@forex
羊飼いのLINEスタンプ
投資猫のLINEスタンプ
羊飼いのFXアプリ(iPhone版)
羊飼いのFXアプリ(Android版)
羊飼いのTwitter
羊飼いのFXメルマガ
本日の経済指標メルマガ
FX重要経済指標直前通知メルマガ
羊飼いのFX取引&戦略ブログ
2022年★主要各国の金融政策発表[政策金利発表]スケジュール
為替相場3大市場対照表【2022年夏時間バージョン】
羊飼いのFXブログのTOPページはこちら
の記事
トップページへ ページの先頭へ
の記事
FXキャッシュバック全一覧【随時更新】
今月のFXキャンペーンお得度ランク

特選!期間限定スプレッド縮小キャンペーン

※スプレッド原則固定は例外あり

※ドル円は米ドル円の略

Site Map

カテゴリ別・羊飼いおすすめFX取引会社
マークはキャッシュバックあり
マークは羊飼い限定特典あり

ネット証券でFX専業並み