このブログは

羊飼い

謎の癒し系FXトレーダー。
『FX相対性理論』を確立中。ザイFX!や日経ヴェリタス、多数のマネー媒体に登場して調子にノリノリ中。

リメンバーFX
  • FX記録室TOP
  • ドル円
  • ユーロドル
  • ポンドドル
  • ユーロ円
  • ポンド円
  • 豪ドル円
  • カナダ円
  • 指標発表時動画
  • NYダウ・金・原油
  • スプレッド
  • スワップ金利
  • 取引可能時間
  • iPhone・Android
  • 1000通貨単位
  • MT4でFX
  • 決済方法別
  • FXバイナリーオプション
  • 自動売買・シグナル
  • 売買比率
  • FX取引システム画像
  • FX取引会社動向
  • FXセミナー
  • FX比較
  • CFD比較
  • CFDブログ
  • IPO・PO情報
  • ぱっと見テクニカル
  • FX比較ロボ
  • FXクチコミ!
  • FXキャッシュバック
  • 羊飼いのFXブログ

2016年08月13日

OANDAJAPAN[ベーシックコース/MetaTrader4]、[プロコース/MetaTrader4]

OANDA JAPANのメタトレーダー(MT4)口座で貰えるインジケーターがスゴイ!という噂を聞いたので、ゲットして使ってみました!

>>>>>[OANDA JAPANのMT4口座]の詳細はこちら



現在、OANDA JAPANではMT4用の注文情報インジケーター「OANDA Open Order(オアンダ・オープン・オーダー)」がもらえるキャンペーンを実施中です。

「OANDA Open Order(オアンダ・オープン・オーダー)」は、OANDAの顧客の買い注文と売り注文をチャート上に表示させるインジケーターです。
OANDAは米国を本拠地としてグローバルに事業を展開するFX業者であり、このインジケーターの注文状況は日本国内のみならずOANDAで取引する全世界のトレーダーの情報を反映しています。

キャンペーン実施中(終了日未定)に、[ベーシックコース/MetaTrader4][プロコース/MetaTrader4]で新規・決済の合計10万通貨以上を取引+20万円以上を口座に預け入れた上で、キャンペーン申告フォームにて登録すれば貰う事が出来ます。

毎週日曜日までの申込分に対し、翌日月曜日にインジケーターのダウンロードURLが送られてきます。
なお、こちらのインジケーターは、OANDA Japan株式会社提供のライブ口座のみで利用できます。OANDAの海外口座や他社のMT4では使えません。

>>>>>[OANDA JAPANのMT4口座]の詳細はこちら

インジケーターに対応している通貨ペアは、以下の通りです。
・USDJPY(米ドル/円)
・EURUSD(ユーロ/米ドル)
・EURJPY(ユーロ/円)
・GBPJPY(英ポンド/円)
・AUDJPY(豪ドル/円)
・AUDUSD(豪ドル/米ドル)
・GBPUSD(英ポンド/米ドル)
・EURAUD(ユーロ/豪ドル)
・EURCHF(ユーロ/スイスフラン)
・EURGBP(ユーロ/英ポンド)
・GBPCHF(英ポンド/スイスフラン)
・NZDUSD(NZドル/米ドル)
・USDCAD(米ドル/加ドル)
・USDCHF(米ドル/スイスフラン)

実際に「OANDA Open Order(オアンダ・オープン・オーダー)」を表示させたMT4チャートがこちらです。

OANDAJAPAN[ベーシックコース/MetaTrader4]、[プロコース/MetaTrader4]
※クリックすると拡大します。

1】価格帯別注文量グラフ

価格帯別の買い・売りの注文量が表示されるグラフです。右に青色のバーが伸びている価格帯ほど「買い注文」が多く、左にオレンジ色のバーが伸びている価格帯ほど「売り注文」が多いということを表しています。

なお、同じ価格帯の買い注文量と売り注文量は相殺して、買いもしくは売りどちらかの注文量として表示しています。

2】厚い注文ライン

チャート内に表示されている注文量バーのうち、買い・売りそれぞれで大きな注文量がある2カ所に横線が表示されます。

買い注文は青色、売り注文はオレンジ色の横線で、ラインの下に補足情報として注文が出ている価格帯(○○以上○○未満)が表示されます。

3】表示データの時刻ライン

データがいつ時点のものかを表示した時間線(赤の縦線)です。市場が開いている時間においては、通常20分ごとに情報が更新されます。

また、チャート左上には文字情報が表示されます。

OANDAJAPAN[ベーシックコース/MetaTrader4]、[プロコース/MetaTrader4]

「厚めの買い注文」と「厚めの売り注文」のラインを参考にトレード戦略を立てることができます。

たとえば、上昇トレンドの先に「厚い売り注文」があれば、上値が重くなる可能性があるため、保有中のロングポジションを一旦決済する。
そして、価格がその厚い売り注文のラインを上抜けた場合は、さらに上昇基調が続くことを予想して買いでエントリーする、といった具合です。

再度、先ほどのチャートを見てみましょう。
2016年7月12日(火)13時時点の米ドル/円1時間足です。(※チャート上では海外時間が表示されているため日本時間とは異なります)

OANDAJAPAN[ベーシックコース/MetaTrader4]、[プロコース/MetaTrader4]
※クリックすると拡大します。

一番近いラインが、103.30-103.35の「厚めの買い注文」(青いライン)です。
つまり、ここを抜けると上昇に勢いがつくかもしれないと予想し、ここをブレイクしたらロングでエントリーしてみてもいいかもしれません。
全体のポジション比率も、買い69.2%、売り30.8%と、買いポジションを保有しているトレーダーのほうが多いようです。

そして、翌日のチャートがこちらです。

OANDAJAPAN[ベーシックコース/MetaTrader4]、[プロコース/MetaTrader4]
※クリックすると拡大します。

「厚い注文ライン」を意識した値動きとなりました。
特に「厚めの売り注文」は、一般的に意識されやすい切りの良い価格(104.00円、105.00円)ということもありますが、レジスタンスとしてピッタリ機能しています。

これを見ると、多くのトレーダーが切りの良い価格に指値注文を置いているということがわかります。
もちろん、時間の経過とともに注文状況は変化していきますが、エントリーした時点で他のトレーダーがどのあたりに注文を置いているかというのがわかれば、損切りや利確の目安になるのではないでしょうか。

ちなみに、「厚めの買い注文」と「厚めの売り注文」は、チャートに表示されている範囲の中で注文量の多い価格帯が2カ所ずつ表示されます。
つまり、5分足や15分足など短い時間足では狭い範囲の中での注文状況になってしまうため、長めの時間足で全体の注文状況を確認することをおススメします。

[OANDA JAPANのMT4口座]をまだ持っていないという方で、「OANDA Open Order(オアンダ・オープン・オーダー)」を使ってみたいという方は、ぜひこの機会に口座開設してみてはいかがでしょうか。

OANDA JAPANのキャンペーン詳細については、 ご自身でご確認ください。

>>>>>[OANDA JAPANのMT4口座]の詳細はこちら

FXブログTOPへ
PC版を見る
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]



画像の中に見える文字を入力してください。

※コメントは承認制となっていますが、いやがらせや宣伝以外は100%承認していますので、お気軽にご質問くださいネ。ただ・・・、質問には答えられないことが多々あります。この点、ご了承下さい。

特選!期間限定スプレッド縮小キャンペーン

  • マネックス証券[マネックスFX](7/1まで、1万通貨取引まで)■ドル円:原則固定0.2銭、ユーロドル:原則固定0.5pips、ユーロ円:原則固定0.5銭、ポンド円:原則固定1.3銭、豪ドル円:原則固定0.5銭

  • SBIFXトレード(無期限、1万通貨取引まで)■ドル円:原則固定0.27銭、ユーロドル:原則固定0.48pips、ユーロ円:原則固定0.69銭、ポンド円:原則固定1.19銭、豪ドル円:原則固定0.77銭

  • YJFX![外貨ex](6/30まで、09:00~27:00)■ドル円:原則固定0.3銭(無期限)、ユーロドル:原則固定0.5pips、ユーロ円:原則固定0.6銭、ポンド円:原則固定1.1銭、豪ドル円:原則固定0.7銭

  • トレイダーズ証券[みんなのFX](8/31まで、08:00~26:00)■ドル円:原則固定0.3銭(無期限)、ユーロドル:原則固定0.4pips、ユーロ円:原則固定0.4銭、ポンド円:原則固定1.0銭(無期限)、豪ドル円:原則固定0.7銭(無期限)

  • 外為どっとコム(7/1まで、例外あり)■ドル円:原則固定0.3銭(無期限)、ユーロドル:原則固定0.3pips、ユーロ円:原則固定0.5銭、ポンド円:原則固定1.0銭、豪ドル円:原則固定0.7銭(無期限)

  • GMOクリック証券(無期限)■ドル円:原則固定0.3銭、ユーロドル:原則固定0.5pips、ユーロ円:原則固定0.6銭、ポンド円:原則固定1.1銭、ポンドドル:原則固定1.1pips

  • ヒロセ通商[LION FX](無期限)■ドル円:原則固定0.3銭、ユーロドル:原則固定0.4pips、ユーロ円:原則固定0.5銭

  • JFX(無期限)■ドル円:原則固定0.3銭、ユーロドル:原則固定0.4pips、ユーロ円:原則固定0.7銭

  • マネーパートナーズ(無期限)■ドル円:原則固定0.3銭、ユーロドル:原則固定0.8pips、ユーロ円:原則固定0.5銭

  • FXトレードフィナンシャル[1000通貨コース/FXTFMT4](6/30まで)■ドル円:原則固定0.3銭、ユーロドル:原則固定0.8pips、ユーロ円:原則固定0.6銭、ポンド円:原則固定2.0銭

  • FXブロードネット(無期限)■ドル円:0.3銭変動、ユーロドル:0.3pips変動、ユーロ円:0.5銭変動、ポンド円:1.0銭変動、豪ドル円:0.6銭変動

  • カブドットコム証券[シストレFX](6/30まで)■ドル円:0.4銭変動

  • 主要FX会社のスプレッド比較はこちら

    主要FX会社のスワップ金利比較はこちら

    ※スプレッド原則固定は例外あり

スプレッド縮小キャンペーン

高スペック人気順

2017年6月1日更新

外為どっとコム米ドル/円スプレッド0.3銭原則固定
GMOクリック証券米ドル/円スプレッド0.3銭原則固定
YJFX![外貨ex]米ドル/円スプレッド0.3銭原則固定
SBIFXトレード米ドル/円スプレッド0.27銭原則固定
ライオンFX米ドル/円スプレッド0.3銭原則固定
マネーパートナーズ
セントラル短資FX[ウルトラFX]
JFX[マトリックス]
FXプライム byGMO
FXブロードネット
外為オンライン
最新FXスプレッド比較はこちら