【FX突撃取材!】11月13日(水曜日)■西原宏一氏の現在の相場観とFXトレード戦略

カテゴリ:FX突撃取材!あの人の相場観と戦略[有名なあの人の現在の相場観と戦略を取材]

西原宏一 FX戦略
羊飼いも購読している有料メルマガ『トレード戦略指令』でお馴染み西原宏一さん!
その西原宏一さんに最新の相場観を聞いちゃおー!という企画です。
※取材は、毎週水曜日と金曜日に電話にて葉那子さんが実施
毎週、水曜日と金曜日の昼過ぎから夕方までの間に羊飼いのFXブログでアップしますので(※許可済み)、お楽しみに♪



それでは、2019年11月13日10時過ぎに西原宏一さんに直接聞いた最新の相場観と戦略をご覧下さい。

【葉那子が西原さんに電話取材!】11月13日(水)■西原宏一氏の現在の相場観とFXトレード戦略


■□■11月13日(水)西原宏一氏の現在の相場観とFXトレード戦略

現在の為替相場の傾向や相場観

トランプ米大統領はエコノミック・クラブ・オブ・ニューヨークで講演し、「合意に至らなければ、われわれは対中関税を大きく引き上げる」と言明。「極めて大幅な引き上げになる。われわれを不当に扱う他の国にも同じことが言える」と語った。大統領はさらに、米国との合意を中国側は「何としてでもまとめたがっている」と述べ、米国の企業と労働者にとって良い内容だった場合のみ署名すると発言。その上で、「合意は近い。重要な第1段階の合意が近く実現する可能性はある」と述べた。

現在の為替相場の戦略やスタンス

米国株は小幅高。NY市場のスタート時は堅調に始まったものの、トランプ米大統領の講演では「交渉の進展に関わる新たな材料がほとんどなかった」ことから上げ幅を縮小。米ドル/円は108.50円と109.50円のレンジの中で依然スタック。マーケット関係者によると、109.50円、110.00円には依然としてバリアオプションが隠れているようで上値をおさえている。108.80円に大きくはないが、本邦機関投資家のドル買い。そして108.50円に米ドル/円の買いが少しまとまっている模様。結果、米ドル/円はこの狭いレンジの中で、109.50円超えをストップの目処として戻り売りで臨みたい。

節目となるテクニカルポイントについては有料メルマガにて随時配信中

<英ポンド/米ドル 日足チャート>
米ドル/円日足
※クリックで拡大します

>>>有料メールマガジン・西原宏一のトレード戦略指令の詳細はこちら


の記事
トップページへ ページの先頭へ
の記事
FXキャッシュバック全一覧【随時更新】
今月のFXキャンペーンお得度ランク

特選!期間限定スプレッド縮小キャンペーン

※スプレッド原則固定は例外あり

※ドル円は米ドル円の略

Site Map

カテゴリ別・羊飼いおすすめFX取引会社
マークはキャッシュバックあり
マークは羊飼い限定特典あり

ネット証券でFX専業並み