【FX突撃取材!】8月3日(水曜日)■井口喜雄氏の現在の相場観とFXトレード戦略

カテゴリ:FX突撃取材!あの人の相場観と戦略[有名なあの人の現在の相場観と戦略を取材]
井口喜雄 FX戦略

【FX突撃取材!企画】にトレイダーズ証券の為替ディーラー井口喜雄さんが参加!
井口喜雄さんは認定テクニカルアナリストで、1998年から金融機関でディーリング業務を行い、2009年からはトレイダーズ証券で同業務に従事。ファンダメンタルズとテクニカルの両方面での為替分析に精通しており、セミナーやマネー誌にも多数登場されています。
井口喜雄さんへの取材は、毎週・水曜日の昼過ぎに行い、当ブログでアップします。
お楽しみに♪
>>>トレイダーズ証券の『みんなのFX』のスペック詳細はこちら



それでは、2022年8月3日13時過ぎに井口喜雄さんに直接聞いた現在の相場観とFXトレード戦略をご覧下さい。

■□■8月3日(水)井口喜雄氏の現在の相場観とFXトレード戦略

現在の為替相場の傾向や相場観

激しい値動きが続いている。米国のテクニカルリセッションや、ペロシ米下院議長の台湾訪問などリスクオフを背景に米ドル/円は1週間で約7円の急落となり、昨日2日(火)も東京時間では130円ミドルまで下値を拡大した。しかし、NY時間になってFOMCメンバーであるデーリー氏、エバンス氏、メスター氏3名のタカ派発言が伝わると一転、133円台まで一気に3円の急騰を見せるなど乱高下。FOMCメンバー3名の発言を抜粋すると以下の通り。

デーリー氏 「インフレ制御は長い道のり」「達成には程遠い」
エバンス氏 「9月50bp(0.50%)利上げは妥当だが、75bp(0.75%)でも問題ない」
メスター氏 「インフレのピークまだ先、一段の取り組み必要」

この3名が揃ってタカ派発言をしたことで、マーケットの楽観論に冷や水を浴びせ、インフレを抑えることがFRBにとって最も重要なことだと改めて軌道修正をした格好だ。また、米リセッション(景気後退)についてはバイデン米大統領、イエレン米財務長官、パウエルFRB議長らが、米労働市場の力強さを根拠にリセッションを否定している。それだけに明後日5日(金)の米雇用統計結果にはいつも以上の注目が集まるだろう。

現在の為替相場の戦略やスタンス

米ドル/円は一時130円台まで急落し、多くのロングポジションがロスカットになったことで下値攻めをしていた短期勢としては一定の達成感も出ていそうだ。一方でFRBがインフレ抑制に明確な姿勢を示し、米長期金利の下落が止まったことはドル買いの材料になる。ただし、週末の米雇用統計にて米国の労働市場の雲行きが怪しくなる結果となれば、労働市場の力強さを根拠に否定されていた米国のリセッションが改めて嫌気されることになるだろう。あしもとのマーケットは目まぐるしく状況が変わっており、下落スピードも速いが、戻りも速い。逆張りは一瞬で捕まってしまうため、数時間単位の短いトレンドには素直について行くことが重要だ。それでもボラティリティの上昇にトレードを合わせられないのであれば、ポジションを縮小してディフェンスを固めるべきだろう。

直近の為替相場の注目点や分析はみんなのFXなどでも配信中


<米ドル/円 日足チャート>
米ドル/円日足チャート
※クリックで拡大します

>>>>> 口座開設キャッシュバックキャンペーン実施中 <<<<<
みんなのFXなら主要6通貨ペアすべてのスプレッドが業界最狭水準!
米ドル/円、ユーロ/円、ユーロ/米ドル、ポンド/円、豪ドル/円、NZドル/円
これら主要通貨が常に低コストで取引できる!
今なら、羊飼い限定タイアップで、通常キャンペーン+5千円GET可。
新規口座開設で最大5万5千円キャッシュバック 詳細はこちら

の記事
トップページへ ページの先頭へ
の記事
FXキャッシュバック全一覧【随時更新】
今月のFXキャンペーンお得度ランク

特選!期間限定スプレッド縮小キャンペーン

※スプレッド原則固定は例外あり

※ドル円は米ドル円の略

Site Map

カテゴリ別・羊飼いおすすめFX取引会社
マークはキャッシュバックあり
マークは羊飼い限定特典あり

ネット証券でFX専業並み