【FX突撃取材!】12月4日(水曜日)■井口喜雄氏の現在の相場観とFXトレード戦略

カテゴリ:FX突撃取材!あの人の相場観と戦略[有名なあの人の現在の相場観と戦略を取材]

井口喜雄 FX戦略
【FX突撃取材!企画】にトレイダーズ証券の為替ディーラー井口喜雄さんが参加!
井口喜雄さんは認定テクニカルアナリストで、1998年から金融機関でディーリング業務を行い、2009年からはトレイダーズ証券で同業務に従事。ファンダメンタルズとテクニカルの両方面での為替分析に精通しており、セミナーやマネー誌にも多数登場されています。
井口喜雄さんへの取材は、毎週・水曜日の昼過ぎに行い、当ブログでアップします。
お楽しみに♪
>>>トレイダーズ証券の『みんなのFX』のスペック詳細はこちら



それでは、2019年12月4日13時過ぎに井口喜雄さんに直接聞いた現在の相場観とFXトレード戦略をご覧下さい。

■□■12月4日(水)井口喜雄氏の現在の相場観とFXトレード戦略

現在の為替相場の傾向や相場観

昨日3日(火)夜、トランプ米大統領は、米中貿易協議の合意について「中国との合意を来年の大統領選後まで待つのも良手」と発言したほか、ロス米商務長官も「何も変化がなければ15日(日)に対中関税を発動する」と述べるなど急な手の平返しに追われる展開となった。マーケットは今月15日(日)の対中関税の延期を織り込んで上昇していたので、思い切り梯子を外された格好でNYダウは400ドル超の下落となり、米ドル/円も108円ミドルまで下押しをしている。トランプ流でギリギリの駆け引きをしているのだろうが、香港への内政干渉を考えると中国側もこのタイミングでの譲歩は難しく、早期合意の可能性はかなり低くなってしまった。関税発動についてはまだ「延期」の可能性も残っており、本日4日(水)も米中高官の発言に目を光らせる必要があるだろう。また、リスクオフのモメンタムが強まるなか、本日4日(水)はADP全国雇用者数やISM非製造業景況指数といった米重要指標も控えている。特に一昨日2日(月)のISM製造業景況指数がマーケットの流れを大きく変えたことから、類似指標であるISM非製造業景況指数の注目度は高くなりそうだ。

現在の為替相場の戦略やスタンス

米中合意期待が剥落しており、新たな材料が出てこない限り米ドル/円はダウンサイドを意識した戦略になる。これまでくすぶっていた短期勢も円買いを仕掛けるもっともらしい口実ができたと言えよう。トレードはコアポジションがショートであればホールド、急ピッチで下落した反発があるなら108円後半で戻りを狙い、今週の安値を下抜けるような展開があれば短期でついていくイメージだ。ただし、トランプ米大統領のツイート一つで流れが変わるヘッドライン相場なので柔軟姿勢は求められる。


直近の為替相場の注目点や分析はみんなのFXなどでも配信中

<米ドル/円 日足チャート>
米ドル/円日足
※クリックで拡大します

>>>>> スプレッド大幅縮小キャンペーン実施中 <<<<<
ポンド/円【0.8銭】、ポンド/米ドル【0.7pips】、ユーロ/ポンド【0.8pips】
他主要通貨ペアもスプレッドが業界最狭水準!約定率も99.9%!
今なら、羊飼い限定タイアップで、通常キャンペーン+3千円GET可。
新規口座開設で最大5万3千円キャッシュバック 詳細はこちら

の記事
トップページへ ページの先頭へ
の記事
FXキャッシュバック全一覧【随時更新】
今月のFXキャンペーンお得度ランク

特選!期間限定スプレッド縮小キャンペーン

※スプレッド原則固定は例外あり

※ドル円は米ドル円の略

Site Map

カテゴリ別・羊飼いおすすめFX取引会社
マークはキャッシュバックあり
マークは羊飼い限定特典あり

ネット証券でFX専業並み