【FX突撃取材!】6月22日(水曜日)■井口喜雄氏の現在の相場観とFXトレード戦略

カテゴリ:FX突撃取材!あの人の相場観と戦略[有名なあの人の現在の相場観と戦略を取材]
井口喜雄 FX戦略

【FX突撃取材!企画】にトレイダーズ証券の為替ディーラー井口喜雄さんが参加!
井口喜雄さんは認定テクニカルアナリストで、1998年から金融機関でディーリング業務を行い、2009年からはトレイダーズ証券で同業務に従事。ファンダメンタルズとテクニカルの両方面での為替分析に精通しており、セミナーやマネー誌にも多数登場されています。
井口喜雄さんへの取材は、毎週・水曜日の昼過ぎに行い、当ブログでアップします。
お楽しみに♪
>>>トレイダーズ証券の『みんなのFX』のスペック詳細はこちら



それでは、2022年6月22日12時過ぎに井口喜雄さんに直接聞いた現在の相場観とFXトレード戦略をご覧下さい。

■□■6月22日(水)井口喜雄氏の現在の相場観とFXトレード戦略

現在の為替相場の傾向や相場観

日米の金利差拡大を背景に、米ドル/円は136円を抜けておよそ24年ぶりの高値圏に到達した。黒田日銀総裁は「最近の急激な円安は経済にとってマイナス」との見解を示してはいるが、主要国との金融政策の方向性の違いが鮮明なだけに小手先の発言で円安は止まらない地合。円安を止めるには金融政策変更を匂わせるか、リスクオフの展開が必要かもしれない。

現在の為替相場の戦略やスタンス

米ドル/円は歴史的な高値圏で難しさもあるが、マーケットが崩れるまではついて行くしかないのだろう。日米金融政策にこれだけ歴然とした差がある以上は円安基調継続がメインシナリオ。来月の参院選を控えて本邦当局者から口先介入は入るだろうが下がったところは買い場になる。ただ、各国では止まらないインフレを背景に積極的な利上げ・金融引き締めの動きが強化されており、局地的なリセッションは避けられない。リスクセンチメントの変化から円高に振れる展開では3~4円程度の巻き戻し(下落)は意識しておきたい。日米イベントについては、本日22日(水)からパウエルFRB議長の議会証言が2日間行われるほか、週末24日(金)には日本の消費者物価指数が予定されている。パウエルFRB議長の議会証言は先週のFOMCから大きな変更はないだろうが、ここまで米国がインフレになったのはパウエル氏の対応が遅れたことだと責任を押し付けられているので、しっかりタカ派を演じるだろう。他方、日本の消費者物価については、数字次第になるのだが、仮に予想通りの伸び率であれば欧米とのインフレ差が鮮明になり、円売り安心感に拍車をかけるかもしれない。

直近の為替相場の注目点や分析はみんなのFXなどでも配信中


<米ドル/円 日足チャート>
米ドル/円日足チャート
※クリックで拡大します

>>>>> 口座開設キャッシュバックキャンペーン実施中 <<<<<
みんなのFXなら主要6通貨ペアすべてのスプレッドが業界最狭水準!
米ドル/円、ユーロ/円、ユーロ/米ドル、ポンド/円、豪ドル/円、NZドル/円
これら主要通貨が常に低コストで取引できる!
今なら、羊飼い限定タイアップで、通常キャンペーン+3千円GET可。
新規口座開設で最大5万3千円キャッシュバック 詳細はこちら

の記事
トップページへ ページの先頭へ
の記事
FXキャッシュバック全一覧【随時更新】
今月のFXキャンペーンお得度ランク

特選!期間限定スプレッド縮小キャンペーン

※スプレッド原則固定は例外あり

※ドル円は米ドル円の略

Site Map

カテゴリ別・羊飼いおすすめFX取引会社
マークはキャッシュバックあり
マークは羊飼い限定特典あり

ネット証券でFX専業並み